メーター修理・加工のモビーディック

2018年10月13日

ホンダCB750 K1 メーターレストア

こんにちは。
10月も半ばとなりやっと秋らしい
季節になってきましたね。
まだ秋冬物の洋服を出していないの
ですがそろそろ出さないと風邪を
引いてしまいそうですね。
1歳の子供がいるのですが寝て布団を
かけてあげても必ずはがしているので
こちらも対策が必要な気がしています。
皆様も風邪をひかないように気をつけてください。

さて本日のメーターのお題は
ホンダCB750K1のメーターレストアです。
このバイクは1970年のモデルですね。
これまた素晴らしい旧車です。
本当このくらいの年代の車やバイクは名車
が多いですね。
調べたりして画像をみると素晴らしいもの
ばかりですよ。
素晴らしいものだからこそ通常では手を付け
られないメーターを修理したいものですよね。
バイク自体は結構やってくれるところは多い
と思いますがメーターをとなると中々いませんからね。
そこでモビーディックがあるということを皆様
に広めてほしいです。
ではそんなCB750K1のレストア前のメーターを
見てみましょう。
<レストア前>
ホンダCB750 K1 前.JPG
そうですよね。
やはりこの年代のものですとメーターはこうなって
しまいます。
せっかく車体をフルレストアしたのにメーターが
これだと悲しいですからね。
文字盤はもちろんですがケース自体も傷んで
しまっているので本当にもったいないですよね。
しかしこのオーナー様は諦めずモビーディックを
探し当ててくれました!
ここまでくればもう安心です。
モビーディックに任せてしまえばピカピカにすること
ができますからね!
というわけでレストアした姿をお披露目しちゃいます。
レストア後がこちらです。
<レストア後>
ホンダCB750 K1 後.JPG
どうでしょうか?
見事に復活しましたよね。
文字盤、ケースすべて塗装を落とし細かい傷などを
すべて研磨しその上に塗装をするとこれが出来上がります。
ケースは塗装で済みますが文字盤になるとこの版と純正の
文字盤の色が必要になります。
これが用意できませんよね。。
ホンダCB750のK0、K1、K2で文字盤の色が若干違うので
見分けるのが中々難しいです。
どこかに純正の新品のメーターの画像が載っているサイト
はないか探し中です。
どなたかしている方がいましたら是非お教えお願い致します。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月06日

カワサキZU メーターカスタム

こんにちは。
先日の台風はやはりすごかったですね。
土曜日の夜にやってきて日曜日の朝には
いなくなってましたが朝外が散らかって
いましたからね。
土曜日の夕方に夜は外に出ないように食材を
買いにでかけたのですがスーパーにはほとんど
食材がありませんでしたよ。
帰りもなんだか不気味な感じでした。
嵐の前の静けさって感じでしたね。
私は日曜日の用事は無事済ますことができたので
一安心しました。
皆様も大丈夫でしたでしょうか?

さて本日のメーターのお題は
カワサキZUのメーターカスタムです。
オーナー様いわくドミノコレクションというもの
らしいのですが限定品なのでしょうか?
そんなZUをいつも通りホワイトメーター加工
してしまいます!
ではカスタム前を見てみましょう。
<カスタム前>
カワサキZ1 ドミノコレクション 前.JPG
新品ですね!
そして珍しく下振りです。
新品なので開けるとき、閉めるときが本当に
気を使います。。。
そして少し困ったことにリムが通常のZUより
少し大きいのか専用のカシメ外し機に入らず
中々苦労しました。。
しかしそんなことでめげているモビーディックでは
ありません!
見事外し、ホワイトメーター加工を施させていただきました。
出来上がりがこちらです!
<カスタム後>
カワサキZ1 ドミノコレクション 後1.JPG
針も黒くし印象がガラッと変わりましたね。
やはりホワイトメーター加工はいいですね。
もうそろそろ寒くなってきてバイクに乗らなくなる季節
のはずなのですが中々暑いですよね。。。
冬になったらメンテナンスついでにカスタムしてみませんか?
修理、カスタムのことならモビーディックにお任せください。
それではまた。。。
posted by mobydick at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月29日

コルベット メーターレストア

こんにちは。
台風がまた接近していますね。。
本日に沖縄本島に上陸し明日には
西日本に上陸するようです。
しかもかなり猛烈な雨、風のようです。
先日の台風21号なような被害がでるかも
知れないとのことです。。
私個人的に1日に予定があったのですが
それは大丈夫でしょうか?
皆様もお気を付けください。

さて本日のメーターのお題は、
コルベットのメーターレストアです。
コルベットはこれまた古い車ですよね。
昔のアメリカの映画とかに出てきそうな車です。
インターネットで検索してみてみるとかっこいい
車がたくさんでてきますよ。
一度は乗ってみたいですよね。
そんなコルベットのメーターをレストアさせていただきました。
先程書いた通り古い車なのでもちろんメーターも
中々傷んできております。
ではそんなコルベットのレストア前の
メーターを見てみましょう。
<レストア前>
IMG_3061.JPG
針やレッドゾーンが色落ちしてしまっているし
ケース部分は剥げてきてしまっていますね。
しかし見てわかる通り重たそうですよね。
見ているだけでずっしり感がつたわってきます。。
そして見た目通りとても重たいです。
このメーターパーツが多くて一つ一つ写真を撮って
おかなければどこにパーツが入るのかわからなくなります。
昔の車は結構そういうものが多いですよ。
昔は重たくて部品がたくさんありましたが今は軽くて
部品が少ないです。
本当正反対ですよね。
昔の性能以上のものが小さく小さくまとまってきて
いるといるのだから本当にすごいです。
ではそんなコルベットのメーターのレストアした姿を
見てみましょう。
出来上がったメーターがこちらです。
<レストア後>
IMG_3150.JPG
綺麗になりましたね。
やはり綺麗になるだけで全然違いますよね。
これでまた現役で走れるはずです!
昔のいい時代の車のメーターを復活させましょう。
なにか知っていたら是非モビーディックにお教え下さい。
それではまた。
posted by mobydick at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月22日

ホンダNSX メーターカスタム

こんにちは。
今テニスの大坂なおみ選手が凄いですね!
今というより前から強かったのですが
先日の大会で全米オープンでの優勝が凄かったですよね。
今大会の東レ パンパシフィックオープンでも是非
優勝をしてほしいですね!
後は決勝を残すのみです。

さて本日のメーターのお題は、
ホンダNSXのメーターカスタムになります。
NSXは今でも新型を作り続けている名車ですよね。
あの形を見るとついつい吸い寄せられてしまいそうな
魅力がありますよね。
街中でみると気づくと結構見ています。
そんなNSXのメーターをカスタムさせていただきました。
ではカスタム前を見てみましょう。
<カスタム前>
IMG_3171.JPG
いつものNSXのメーターですね!
私は実はこのノーマルのメーターも結構気に入っております。
デザインが本当にいいと思います。
ノーマルのメーターが入ってこんなかっこいいのだから
モビーディックでカスタムをしてしまったらどれだけ
かっこよくなってしまうのか期待してしまいますよね。
ではご要望に応えてカスタムさせていただきます。
カスタム内容は
@ホワイトメーター加工
Aスピードメーターフルスケール加工
の2点になります。
いいですね!
ホワイトメーター加工は特にワクワクしますよね。
それでは出来上がったメーターを見てみましょう。
<カスタム後>
IMG_3221.JPG
素晴らしいですね!
印象がガラッと変わりました。
メーターが変わるだけで本当に気持ちも変わると思います。
車自体を色々変えても実際は乗っていると見えないですからね。。
結構メーターは最後にいじるって方がいらっしゃいますが
一番見ているのはメーターですよね。。
皆様も気分転換にカラーチェンジしましょう!
それではまた。。。
posted by mobydick at 17:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月15日

カワサキマッハ500SS メーター修理カスタム

こんにちは。
9月ももう15日となりあっという間に半分ですね。。。
先日9月になったばっかりと思っていましたが
気づいたら半分です。
というか少し前はまだお正月だった気がします。。
本当に早いですよね。
そして今日から3連休ですね!来週も3連休
でなんだかうれしくなりますね。
シルバーウイークとか前は言っていましたが
今年は見事に休日と被ってしまい残念ですね。
モビーディックは休まず営業しているのでよかったら
顔出してあげてください。

さて本日のメーターのお題は、
カワサキマッハ500SSのメーター修理とカスタムです。
マッハって名前だけでなんとなくとても速い気が
しますよね。
もちろんスピードはとても速いみたいですよ!
説明をみると乗り手を選ぶバイクみたいですね。
乗るには難しいけど乗りこなしたらかっこいいですよね。
そんなマッハ500SSのメーターをカスタムさせていただきました。
順番としてはいつも通り修理⇒カスタムですね。
流石にだいぶ前のバイクなのでメーターもガタがきている
はずですからね。
ではではそんなマッハ500SSの修理カスタム前の画像を見てみましょう。
<修理カスタム前>
カワサキマッハ500SS カスタム前.JPG
結構な劣化具合ですよね。
メーターまでもが乗り手を選んでしまうのかと思いました。。
まずはメーターの修理が必要ですね。
とりあえず針がおかしな位置で止まっているのでそこの修理です。
もちろん針を0点に戻して終わりってわけではないですよ。
この位置にあるっていることは中身はとても残念な結果に
なっているはずですからね。
開けてみたらひげゼンマイがぐしゃぐしゃでした。
その原因はシャフトが歪んでメーターカップに当たってしまい
針が一回転してという悲しいものでした。。
ということは中身は全損ということになりますね!
同じ部品をモビーディックで探し正常に動くことを確認し
修理は完了しました。
後はカスタムになりますね。
カスタムはマイルなのでキロに変更になります。
140マイルはキロに変換すると224キロなので作成すると
220キロフルスケールのものを作成します。
フルスケール140までだったものを220まで増やすのは
元のままだと厳しいので目盛を増やして作成します。
見た目だけだとそれで完了なのですが増やしたぶん速度の
調整をしなければならないのでここはまた大変です。
ひげゼンマイやシャフトの磁力などを調整するのです。
修理、文字盤のカスタム、速度の調整、等々を施して
出来上がったメーターがこちらです。
<修理、カスタム後>
カワサキマッハ500SS カスタム後.JPG
どうでしょうか?
見た目がきれいになりましたよね。
ちゃっかりタコメーターのレッドゾーンも再塗装しております。
今日は色々細かいところまで説明させていただきました!
モビーディックの仕事はこんなものだと知っていただいたら
幸いです。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記