車・バイクのメータ加工・修理に関するプロフェッショナル [ MOBY DICK:モビーディック ] config fine
MOBY DICK

2016年09月25日

カワサキZTZU メーターレストア

こんにちは。
卓球の福原愛選手が結婚を発表しましたね。
ずっと子供のころから卓球のあいちゃんと言われ
テレビにでていたので結婚と聞くとびっくりしますよね。
あいちゃんと言われていますが先日のリオのオリンピックでは
あいちゃんではなく福原選手!!って感じがしていましたね。
あんなに昔から注目されていてここまですごい選手になったのは
そういないのではないでしょうか?
まぁなによりおめでとうございますですね!

さて本日のメーターのお題は、
カワサキZTZUのメーターレストアです。
カワサキZTZUは本当に人気のバイクですよね。
なぜこんなに人気があるのか気になりますよね。
調べてみた結果カワサキZTZUは最近人気になったわけではなく
いつの時代でも人気があり、熱狂的なファンがいるようです。
空冷Zエンジンなど色んな要素があり人気があるのですかね?
旧車は本当にかっこいいですよね。
ではそんなZTZUのレストア前のメーターを見てみましょう。
<レストア前>
IMG_1562.JPG
よくみるメーターですよね。
オークションで中々の値段で取引されていますよ。
モビーディックとしては修理のときに部品として必要なので
なるべく見た目がボロボロなものを選らんで購入しております。
買ってみなければわかりませんが見た目がボロボロでも内部は
無事であることがよくあります。
無事といってもモビーディックで部品として使える程度の物なので
皆さん買ってもただのギアーやシャフトがあるだけなので購入しない
ように注意してくださいね。
話が逸れてしまいましたがこのメーターをレストアさせていただきます。
見た目は中々綺麗ですがレッドゾーンが色あせてしまっていますね。
ずっと前からのバイクなので色あせてしまうことは仕方ないことですが
ご自分で手入れができないことがつらいですよね。。
そんなときはモビーディックにお任せです!
きちんとレッドゾーンが加工されたメーターをお見せしましょう!
出来上がったメーターがこちらです。
<レストア後>
IMG_1570.JPG
レッドゾーンに色が着くだけで新品さが増しますよね!
その他にもいろいろ手入れをさせていただきましたが目立つのは
やはりレッドゾーンの加工ですよね。
これでバイクを綺麗にしてもメーターだけが古い。。。ってことには
なりませんね。
クラシックカーなどは頑張って車を綺麗にしてもメーターが風化していたら
なんだか嫌ですものね。
そのような悩みを解決するのがモビーディックです!
なにかお困りのことがありましたらいつでもご相談ください!
お待ちしております。
それではまた。。。
posted by mobydick at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月17日

ホンダCB750 メーター修理

こんにちは。
BMWが10万台のリコールを発表しましたね。
エアバッグに問題があるようです。
火薬の劣化を防ぐ乾燥剤が入っていない製品があるようで
事故時に異常破裂して部品が飛び散る恐れがあるそうです。
事故で無事だったのにエアバッグが破裂してけがをしてしまった
ら本当に嫌ですよね。。。
安全でよりよいものを作っていただきたいです。

さて本日のメーターのお題は、
ホンダCB750のメーター修理です。
最近はバイクのメーターの修理をたくさんいただいていて
モビーディックとしては大変喜ばしいことです。
しかし壊れないことに越したことはないですよね。。
まぁCB750等は大分昔のバイクなので壊れてしまうのは
仕方のないことなのですかね?
修理内容はいつも通り、走っていたら異音がしだしてそのまま
針が一回転して針が折れてしまったということです。
ではそんなメーターを見てみましょう。
<修理前>
IMG_1737.JPG
ぽっきり折れてしまっていますね。。。
針がこれだけ折れているということは中身はどうなっているのか
気になりますね。
<メーター内部>
IMG_0847.JPG
メーター内部のシャフトの部分ですがまた外筒まで一緒に抜けてきてしまっていますね。
本当だったらこのシャフトだけが抜けてきてほしいのに。。。
<シャフト画像>
IMG_0848.JPG
中々思い通りにはいかないものですね。
汚れが固着したシャフトを綺麗に磨き油をさして外筒を元のメーターに
もどします。もとに戻すときまた外れてしまわないようにかしめます。
このときもう取れてこないように親の敵かと思うくらいにハンマーで
叩いてかしめるのです!
戻したら外れないかの確認をして内部の修理は完了です。
今回は針も折れてしまっていたのでこちらは代わりのものがあったので
交換させていただきました。
修理をして針を交換して出来上がったメーターがこちらになります。
<修理後>
IMG_1746.JPG
針もきっちりついていて良い感じですね。
もちろん内部もしっかり修理されているので正常に動きます。
モビーディックでも修理したのに直っていないよということが
ないように心掛けていかなければなりませんね!
皆さまに心地よく車やバイクに乗っていただきたいものです。
それではまた。。。
posted by mobydick at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月10日

ランボルギーニ・カウンタック メーター 修理

こんにちは。
全米オープンにて錦織選手が準決勝で逆転負けをしてしまいましたね。。
1セット目は勝っていたのに残念ですね。
しかし優勝できなくて残念に思うこと自体がすごいことですよね。
試合がある度に優勝に絡んでくることは本当にすごいと思います。
今まででしたらそこまで行けていませんものね。。
今後も期待してしまいますよね!

さて本日のメーターのお題は、
ランボルギーニ・カウンタックのメーター修理です。
修理の内容は、針が上がらないということでした。
まぁよくある内容なのですが車なのでバイクのような
シャフトの油が固着してしまって動かないということは
あまりないのですが今回はなんとバイクのメーターと同じような
症状でした。
ではそんなカウンタックのメーターを見てみましょう。
<修理前>
IMG_1711.JPG
見た目ではやはりわかりませんよね。
到着して確認、ガラスケースを開けて確認、ここの段階まででは
シャフトに油の塊が付いているという原因はわかりませんでした。
しかしメーター本体をケースから取り出したときにケース内部に
黒いゴミのようなものがところどころ落ちていてよく見たら油が
固着したものでした。
ここでシャフトにも固着しているのではないのかと思いメーターを
解体してみたら案の定黒い油がべっとりとくっついていました。
これがその画像になります。
<故障の原因>
IMG_1720.JPG
シャフトもギアも黒いですよね。
これでは動きません。現状動いていたとしてもすぐに回らなくなります。
原因がわかったのであとは早いです。
全ての汚れを綺麗にしてシャフトがスムーズに回るようにします。
スムーズに回るくらい綺麗になったシャフトやギアがこちらです。
<修理後・内部>
IMG_1723.JPG
黒かったものが一気に綺麗になりましたね。
ここまで綺麗になっているとなんの問題もなくメーターは動作してくれます。
やはり長年乗っていると焼き付いたり油が固着してしまうのは仕方のないこと
ですがどうにかならないのかと思ってしまいますね。
ものすごくよい油だと固着することはないのですかね?
ちなみにこちらが修理が完了したメーターになります。
<修理後>
IMG_1742.JPG
見た目は最初と変わりませんね。
外見だけだと今回の内容はどうなっているのかがよくわかりませんでしたが
内部を見るとあそこまで汚れているということがわかりましたね。
見た目ではなにも変わらない故障は多々あるのでなにかおかしいなと
思いましたらすぐにご連絡ください。
皆さまがお乗りになっている車のメーターが壊れてしまい現状買えるのなら
それはよいのですが大抵旧車などはメーターはないので修理しかありません。
モビーディックではできる限り修理はしたいと思っていますがあまりにも
ひどすぎると修理不可となってしまう可能性もあるのでご了承ください。
それではまた。。。
posted by mobydick at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月03日

ポルシェ993 メーターレストア

こんにちは。
テニスの錦織選手が全英オープンにて3回戦に進出しましたね。
先日オリンピックに出場していたばっかりなのに本当にすごいですね!
あのレベルの選手になるとこのくらいは日常茶飯事なんでしょうか?
オリンピックの激闘のあとすぐに別の試合でそしてここまでの戦績を
残すって本当にすごいですよね!
錦織選手は少し前にテニスブームを作った気がします。
今回のオリンピックでは卓球がブームになる予感がします。
今旅館とかで温泉卓球がしたいです!
寒くなるにはあと数か月後ですがその時の気分はどうでしょうか?

さて本日のメーターのお題は、
ポルシェ993のメーターレストアです。
レストアといっても純正の文字盤が劣化して作り直す等ではなく
カスタムしたメーターを純正に戻すという作業です。
やっていることは純正の文字盤を作成するということなので同じですけれど。。。
ではそんなメーターを見てみましょう!
<レストア前>
IMG_1677.JPG
オーナー様は一度ホワイトメーターにしたのですね。
しかしタコメーターのガラスが少し曇っていますね。
このメーターはよく修理のご依頼がくるのですがよくガラスの内部が
曇っていることが多いです。
いつも大きいタコメーターの気がします。
位置的になにか問題があるのでしょうか?
外側が曇っていれば誰でも拭くことができますが内部が曇っていると
流石に拭き取ることはできませんね。
モビーディックでは修理をご依頼されたときにそのままでと言われない限り
ガラスは綺麗にしてお返しするのでご安心ください。
さてさてではこのメーターがいつも通り純正になった姿を見てみましょう。
<レストア後>
IMG_1678.JPG
いつもと逆でなんだか新鮮な気がしますね。
カスタム後から前に戻す感じですね。
もちろんタコメーターや他のメーターのガラスも綺麗になっております。
気分転換に戻したりするのもいいですよね。
私は部屋のソファなど移動して数か月後に戻したりして気分転換
したりしています。
同じではないですかね。。。
まだまだ暑いですがジメジメした季節が終わり過ごしやすくなりましたね。
この気候の中を走り抜けるのは気持ちよさそうですね。
今回のようにカスタムした後のメーターももちろん戻したりもできます。
モビーディックではできる限りご依頼にご期待できるようにしておりますので
なんでもお問合せください!
それではまた。。。
posted by mobydick at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月28日

ハーレーダビッドソン メーターカスタム

こんにちわ。
台風がまた接近してきていますね。。。
最近は大型の台風が多くて困りますね。
しかしもう8月も終わるのでこの台風や雨で
ぐっと気温が下がり涼しくなるのかもしれませんね。
夏の終わりはいつになってもなんだか寂しい気がしますね。

さて本日のメーターのお題は、
ハーレーダビッドソンのメーターカスタムになります。
今回のカスタムは
@文字の色変更
Aロゴの挿入
B針の塗装
Cケースの塗装
の4点になります。
Cのケースの塗装は元のものが剥がれてしまっているので
そちらの修復になります。
ではカスタム前の画像を見てみましょう。
<カスタム前>
IMG_1629.JPG
先ほど書いた通りケースの塗装が剥げてしまっていますね。
今回初めて知ったのですがハーレーダビッドソンの塗装はシールの
ようなもので塗装してあるようです。
少しぺらっと剥がれたので全部簡単に剥がれるのかと思ったのですが
そんなに甘いものではありませんでした。。。
画像の少し剥がれているところしか簡単には剥がせませんでした。。。
悪戦苦闘しケースの塗装を剥がして版下を作成しました。
オーナー様指定のロゴも中々凝っていて版下を作成しているときどんな版が
出来上がるのかとワクワクしてしました。
そして出来上がったメーターがこちらになります。
<カスタム後>
IMG_1698.JPG
どうでしょうか?
ロゴかっこいいですよね。
このロゴは後ろから印刷しているのですが出来上がったときは
なんだか暗い印象があったので前からもロゴを貼り付けより白く
見えるように工夫をしております。
せっかくならよりかっこよく作成したいですからね!
これでオーナー様も喜んでくれるはずです。
皆さまもご自分の車やバイクのメーターをオーダーメイドしてみませんか?
それではまた。。。
posted by mobydick at 16:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月20日

ホンダCB750FB メーター修理レストア後編

こんにちは。
最近雨が続いていますね。
先日も豪雨で雷もすごかったですね!
お昼位に光と同時に音がしたのでものすごく近かったと思います。
せっかくの夏休みの終盤だというのに嫌な気分になりますね。
夏は天候が変わりやすいので仕方ないですかね?
皆さまは夏休み満喫できましたか?

さて本日のメーターのお題は
先週に引き続きホンダCB750FBのメーター修理レストアです。
モビーディックとしては先週に引き続きと言えて本当によかったです。
先週ブログに記載したホンダCB750FBの修理は中々骨のある
壊れ具合で本当に直るのか?と不安になるくらいでしたね。
ではではそんな先週のメーター達を見てみましょう。
<修理レストア前>
IMG_1635.JPGIMG_1636.JPGIMG_1637.JPG
改めて見てもひどい壊れ具合ですね。
モビーディックはこれを一週間かけて四苦八苦しながら修理しました!
と言いたいところですが全部の修理は無理でしたので本当に大破して
しまっているところはモビーディックの隠しパーツ(部品どりパーツ)
で補わせていただきました!
それでは修理が完了したメーターを見てみましょう。
<修理レストア後>
IMG_1639.JPGIMG_1641.JPGIMG_1650.JPG
どうでしょうか?完璧に直っていませんか!!?
あの鉄粉だらけが綺麗さっぱりなくなっていて気持ちがよいですよね!
先ほども書きましたが全て修理は難しかったのでカップとカップカバーは
交換させていただきました。
直したかったのですが流石に鉄の再生は出来ません。。。。
外見も綺麗になっているし針の位置も針の先端も赤くなっていて気持ちがいいですよね!
これで気持ちよく走り抜けることができますね。
来週の土日は晴れたらツーリングなどよさそうですね!
晴れることを祈りたいです。
それではまた。。。
posted by mobydick at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月13日

ホンダCB750FB メーター修理レストア 前編

こんにちは。
リオデジャネイロ五輪が始まって一週間以上が
経ちましたね。
どうですか?皆さま寝不足ですか?
日本の選手が出てきてしまうと夜でもついつい
見始めてしまい気づくと明け方になっていることが
多いですよね。。。
しかし今回すごいですね!ほとんどの種目でメダルを
取っています!!!
見ていると胃がきりきりしてきて体には悪そうですけどね。。
まだまだレスリング等もあるので楽しみですね。

さて本日のメーターのお題は、
ホンダCB750FBのメーター修理レストアです。
今回のメーターは中々ボロボロの状態でご依頼いただきました。
大体いつもはシャフトの部分を確認して錆びていたり固着して
いたりとそこを見てわかるのですが今回は箱を開けてメーターと
ご対面した瞬間わかりました。
見た瞬間、あっ。。。。って思いました。声が出ていたかもしれません。
ではそんなあっ。。。。って思ってしまうメーターを見てみましょう。
<修理レストア前>
IMG_1635.JPG
あっ。。。。って思いましたね!これは明らかに壊れているな。と思いましたね。
文字盤一面に鉄粉が出ていて針が通常より下にありますね。
これは中々ひどい状況だと思います。
ここまで来てしまうとモビーディックはもう
、、、、、、
、、、、、
、、、、
直したくて直したくてしょうがないです!!
この気持ちのままメーターを開けてみましょう!
<修理レストア前・内部1>
IMG_1636.JPG
あ”ぁ−−って声が聞こえてきそうですね。。
これはまたひどいですね。
鉄のカバーのようなものが切れてしまっていますね。
メーターケースに保護されているのにこれが切れるというのは
あまり見たことがないですね。
ではもう片面はどうなっているのか見てみましょう。
<修理レストア前・内部2>
IMG_1637.JPG
さきほどの画像を見た後だと、ふーんって感じになりそうですが
これも中々の大破っぷりですよ。
中心にあるカップは触ってみるとがたがたです。。。
基本アナログのメーターの内部は1mmの誤差があると針が大きく振れたりします。
ここまで来てしまうと振れる以前に動きません。
開ける前から中々ひどいなと思っていましたが開けてみたらすごいなと
感心してしまうくらいです。

内容としてはものすごく弱気ですがもちろん直す気満々です!
さてさて来週はこのメーターが直っているはずです!
いや直してこのブログに必ず載せます。
皆さまこのメーターが直る姿を楽しみに待っていてください。
モビーディックはやり遂げます!!
それではまた来週。。。
posted by mobydick at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月06日

ホンダS800 スピードメーター カスタム

こんにちは。
日本時間で本日の朝8時にリオデジャネイロ五輪が
開幕されましたね。
日本は何個のメダルが取れるか期待してしまいますね。
しかし治安などの環境面がよくないようなので無事に
帰ってきてほしいのが一番ですね。

さて本日のメーターのお題は、
ホンダS800のスピードメーターカスタムです。
S800といえば1960年代の車ですね。
見た目もよくクラシックカーといえばこれ!という雰囲気を
醸し出していますよね。
そんなS800のスピードメーターをモビーディックはカスタム
してしまいます。
カスタム内容はマイルをキロに変更することです。
ホンダの車なのに表記がマイルというのも面白いですよね。
ではそんなS800のスピードメーターを見てみましょう。
<カスタム前>
IMG_1598.JPG
ガラスの上にシールを貼っているのでずっとキロ表記にしたかったの
だなとわかる画像ですね。
そして昔の車なのでメーターのガラスも汚れてしまっております。
もちろんモビーディックは文字盤をキロに変更して終わりというわけでは
ないです。きちんと綺麗にしてお返しさせていただきます。
その出来上がったメーターがこちらです。
<カスタム後>
IMG_1600.JPG
表記もキロになっていますし、なによりガラスが綺麗になって
いてとても見やすいですよね。
モビーディックではほかのメーターとの整合性などがあると
言っていただければ綺麗にせずにそのままの姿でお返しすることも
できますので修理やカスタムなどをする際にはおっしゃってくださいね。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月31日

スズキGSX1100Sカタナ メーターカスタム

こんにちは。
先日梅雨が明け夏真っ盛りとなりましたね。
昨日、友人の結婚式に出席してきたのですが
この日差しの中ジャケットにネクタイは厳しかったです。。
会場に着くまではジャケットは手に持ちネクタイは
装着せずにしていました。
サラリーマンの方々は本当にすごいと思います。。
この暑い中スーツ着ている方もいらっしゃいますものね。
この季節は水分をきっちり取りましょう!

さて本日のメーターのお題は、
スズキGSX1100Sカタナのメーターカスタムです。
カスタム内容は
@文字盤の色の変更
Aタコメーターの数値の上に漢字の数字を入れる
BGSX1100S刀とロゴを入れる
C針を刀の形状に変更
の4点です。
。。。。あれ?なんか数年前に全く同じご依頼を受けた気がします。。
ちょっとさかのぼってみますね。
。。。。。
。。。。
。。。
。。

、、、、あっありました!!
2014年07月26日
これですね。。
約二年前にやっております。
実は今回のカスタムのご依頼はこのときのオーナー様の奥様なのです!!
同じバイクに乗っていていいなぁってなったようなのです。
モビーディックとしてはとてもとてもうれしい限りです!
ではではそのカスタム前のメーターを見てみましょう。
<カスタム前>
IMG_1573.JPG
純正のカタナのメーターですね!
よく修理でもご依頼をお受けさせていただいております。
このメーターは針を抜くのがほかのメーターよりとても大変なのです。。
針は抜け難い上に針が折れやすいという二重苦なのです。
力を込めながら慎重にという難しい試練があります。。
まぁそこはモビーディックの長年培った経験と技術力で外すことは可能です!
皆さまはあまりチャレンジしないでくださいね。
針を抜いて文字盤、針のカスタムを行います。
前回よりも針の刀の部分を細くしてほしいとのことでしたので鋭くなるように
作成させていただきました。
出来上がったメーターがこちらになります。
<カスタム後>
IMG_1583.JPG
どうでしょうか?切れ味のよさそうな名刀ではないでしょうか?
文字盤も黒で渋みが増していますね。
タコメーターの数字のところに漢字が入っているのもまたかっこよさのポイントです。
刀の漢字は前回の旦那様と同じ文字を使用させていただいております。
そしてよく見ると針の刀の部分の刃との境目が実はあるのです。
より刀っぽい形状ですよね。二年でモビーディックも進化しております!
ご夫婦で同じバイクに乗ってメーターも同じような形状と本当にご趣味があって
素晴らしいと思います。
その一つのご趣味にモビーディックが関われて本当に嬉しい限りです!
梅雨が明けバイクで走るシーズンですね!
気持ちよく走ってもらえると嬉しいです。
それではまた。。。
posted by mobydick at 12:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月22日

カワサキZU メーターレストア 後編

こんにちは。
先週アメリカでポケモンGOが大流行していると
書きましたが本日、日本でも配信されましたね。
配信されたばかりというのに皆もうインストールして
いるのが動きでわかります。。
モビーディックから外を見ていると小学生や中学生が
スマホを片手に壁に向かって何かをしているのですぐに
わかります。
確かにこれは車通りが激しいところですと本当に危険な
気がしますね。
そんな私もインストールしましたけど。。。
夏休みに入り学生達が道に増えるので車やバイクを
運転している皆さまは気を付けたほうがよさそうですね。
例年より危険な気がします。

さて本日のメーターのお題は、
先週に引き続きカワサキZUのメーターレストアです。
先週は中身を空けて原因が判明したところで終わりましたね。
では続きということで、、、
ひげゼンマイが切れていたことが原因でしたので
それをくっつける作業です。
くっつけるといっても糊でくっつけてもすぐに取れてしまうので
ハンダでくっつけます。
くっついた姿がこちらです。
<ひげゼンマイ修理後>
IMG_1584.JPG
きちんとくっついていますね。
ひげゼンマイを受け止めているところは切れる前と切れた後では少し
位置が違ってきていますね。
<ひげゼンマイ修理前>
IMG_1582.JPG
修理前と後とでは少し角度が違いますよね。
切れてしまった分ひげゼンマイが短くなってしまったので近づけています。
これをしなければちゃんと回転数が合わなくなってしまいます。
これできちんと修理が完了しました。
では次はケースのへこみの修理ですね。
へこみの修理はへこみを直しても傷が残ってしまうので再塗装が必要になります。
へこみが消え塗装を何度もし傷が目立たなくなりようやく修理が完了になります。
その出来上がった姿がこちらになります。
<修理、レストア後>
IMG_1585.JPG
前回と比べると綺麗になっているのがわかりますね!
ガラスの汚れも消え針の位置もきちんとした場所にあります!
タコメーターのへこみはどうでしょうか?
リングはさすがに完全には消えませんがケースのほうはわからないのではないでしょうか?
肝心のタコメーターのへこみの修理がこちらになります。
<タコメーター修理、レストア後>
IMG_1586.JPG
へこみわかりませんよね?
これで乗っているときも気にならないはずです!
昨日、今日雨続きですがこれが終われば気持ちよく走れるはずです。
メーターの修理、カスタムはなんでもお問い合わせください。
無理かな?と思っても言ってみれば直るかもしれません!
それではまた。。。
posted by mobydick at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記