メーター修理・加工のモビーディック

2010年01月16日

メーター修理(ケーブル式)

CIMG3321_2.JPG

寒いですね!
最近になってやっと冬らしくなったと思いませんか?

冬になってメーターの故障が多くなるのは
ケーブル式のメーターです!
なぜ寒い季節に多いのかというと、
この画像のシャフトの部分にオイルが浸みこんでいるのですが、
そのオイルがだんだん少なくなり汚れてきます。
夏の暑い季節はシャフトも熱くなっているので、
少ないオイルでもなんとか作動しますが、
冬の寒い時はオイルもかたまりシャフトが固着してしまいます!
まずはじめにメーターから異音が出始めます。
そのまま乗り続けるとメーターの針が振りきって折れるか、
メーターケーブルが切れてしまします。
この画像の左がシャフトが焼き付いたもの、
右が修理して研磨したものです。
まずはメーターから異音がでたらケーブルを外し
なるべく早く修理に出しましょう!
そのまま走行していると修理不可能な状態になります。

メーターで何か困ったことがあったら何でも問い合わせてください。
おまちしています。
posted by mobydick at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記