メーター修理・加工のモビーディック

2018年02月18日

スズキ GS650G メーター修理 カスタム

こんにちは。
皆さん!昨日見ましたか!!?
フィギュアスケート男子、金銀メダルですよ!
いやーすごかったですよねー!
羽生選手に宇野選手!本当にかっこよかったです。
見ていて感動してしまいそうになりましたよ。
平壌オリンピック始まってからメダルは取っていました
が銀だったので(もちろん凄いことです!)金メダル
がくるとやはりテンションが上がりますよね!
まだまだ種目はあるので期待しましょう!

さて本日のメーターのお題は、
スズキGS650Gのメーター修理とカスタムです。
修理とカスタムということでまずは修理なのですが
針が折れてしまったということです。
カスタムをするのにはまず修理をして完ぺきに動く
ようにしてからではなきゃ意味がないですからね!
そして針が折れてしまったのにもちゃんと原因が
あります!
ただ針がぽっきりと折れることはあまりありません。
大体はメーター内部で異常を起こして折れてしまうのが
原因なのです。
それ以外は自分でカスタムをしようとして折ってしまった
というのも中々ありますね!
ではそんなメーターを見てみましょう。
<修理、カスタム前>
IMG_2953.JPG
パッと見た感じ針折れがわかりませんよね。
しかしタコメーターをよくみると折れています!
それをオーナー様自身がくっつけたみたいなのですが
やはり気になってしまってご依頼していただいたみたいです。
ではご要望通り針を修復しなおさせていただきます。
、、、と言いたいところですが流石に折れたものを修復
するのは難しいです。。
なのでモビーディックにあった同じような針と交換させて
いただきました!
もちろん内部もきちんと修理いたしましたのでここからは
カスタムになります。
カスタム内容はスピードメーターのレッドゾーンを100キロ
からに変更とその際の警告音もそのキロからに変更ということです。
最初にこのご依頼を聞いた時はスピードメーターの文字盤を作り
直しかな?と思ったのですが今回は80から100までの
レッドゾーンを消すというやり方で作業させていただきました。
文字盤を一枚作る手間もなくなる上、お見積金額もだいぶ下げる
ことができたのでお互いにいいことでした。
では出来上がったメーターを見てみましょう。
<修理、カスタム後>
IMG_2958.JPG
どうでしょうか?
針わからないですよね?
色が落ちていたので二つとも塗装させていただきました。
そして何よりレッドゾーン凄くないですか?
これもとの文字盤ですよ!
80から100まで最初からなかったように見えますよね。
これならオーナー様も満足してくれるはずです!
それではまた。。。
posted by mobydick at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182449502

この記事へのトラックバック