メーター修理・加工のモビーディック

2018年04月21日

スズキ GSX1100S カタナ メーターカスタム

こんにちは。
4月も中旬になりましたね。
そして来週が終われば皆様待ちに待った
ゴールデンウィークですよ!
来週は仕事で忙しくなりますかね?
金曜日辺りになるとなんかソワソワしてきそう
な気持ちになりますよね。
私がサラリーマン時代はそんな感じでした。
もちろんモビーディックはそんな連休は関係ないので
お時間あるときは皆様ご来店くださいね!

さて本日のメーターのお題は、
スズキGSX1100Sカタナのメーターカスタムです。
カスタムと言っても今回のカスタムは外装を見ても
全く分からないと思います。
内部のカスタムになりますので。。。
とりあえずカスタム前を見てみましょう。
<カスタム前>
IMG_3008.JPG
見た目は綺麗ですよね。
今回のカスタムをしてほしいところはトリップメーター
なのです!
でしたら見た目はやはりわかりませんよね。
最初ご依頼を頂いた時はトリップのつまみのところの
棒が折れてしまったので修理をしてほしいとのことだった
のですが、オーナー様のメーターはトリップがネジ式
でそこを出来たら引っ張って抜けるようにしてほしいと
のことでした。
純正のカタナは引っ張って抜く形式ですものね。
というわけでまずは壊れているトリップメーターを
見てみましょう。
<トリップメーター前>
IMG_3011.JPG
見事に折れてしまっていますよね。
これではつまみは付きませんね。。。
このトリップメーターを直しつつ引っ張って抜く形式に
カスタムしていきます。
カスタムする際にオーナー様が純正のトリップメーターを
同封してくれていましたのでこの折れてしまっている
トリップメーターと比較してみましょう。
<トリップメーター比較>
IMG_3012.JPG
上が同封していただきました純正のトリップメーターですね。
このトリップメーターを見てすぐに、これを交換して
くっつければ終わりかな?
などと甘い考えでいました。。。
しかしそんな甘くはないですよね。。
見ての通り左側の歯車のところの長さが違うではありませんか。
こうなるとトリップメーターは入りませんね。。
ならどうするかというとこの棒を短くしたりして調整です。
しかしオーナー様から同封していただいたこれはさすがに
削ったりしたくはないのでどうしようかと悩んでいたら
なんと弊社にも同じ種類のトリップメーターがありました!
これなら削ったりしていいだろうということで早速作業に
取りかかり渾身の作品が出来上がりました。
その画像がこちらです。
<トリップメーター後>
IMG_3018.JPG
ピッタリ収まっておりますね。
こちらが純正のトリップメーターと比較した画像です。
<トリップメーター比較>
IMG_3019.JPG
もとからついているトリップメーターと純正の物とでは
作りが違うので長さが異なって見えますがケースにはめると
きちんと収まります。
削っただけではなくストッパーなどをはめる場所もあるので
そこにきちんとはまるように工夫もしているので中々難しかったです!
オーナー様も喜んでくれているはずです!
作ったかいがありました!
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
このメーター修理を依頼したものです。
この度は大変ありがとうございました。
かなり手の込んだ作業をして頂き、大変感謝しております。
商品が届いてから、すぐに装着してうかれて走りに行ってきますた(笑)
また、何かありましたら宜しくお願いいたします。
Posted by がんま at 2018年04月23日 01:06
がんま様

コメントありがとうございます。
またこの度はご依頼もありがとうございました。
メーターの加工気に入っていただき弊社としても
作成した甲斐がありました。
またなにかありましたらいつでもご連絡ください。
Posted by モビーディック 伊藤 at 2018年04月29日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183043357

この記事へのトラックバック