メーター修理・加工のモビーディック

2018年04月29日

ホンダCB750 メーター修理

こんにちは。
ゴールデンウィークに突入しましたね。
今日は二日目といったところでしょうか?
とりあえず快晴で幸先がよいですよね!
皆様はどこか旅行の計画等をしていますか?
連休すべて晴れているといいですね。

さて本日のメーターのお題は、
ホンダCB750のメーター修理です。
最近また750の修理のご依頼が多くなって
来ております。
流行り再到来ですかね?
ではそんなホンダCB750の修理前の
画像を見てみましょう。
<修理前>
IMG_3040.JPG
真黒な上にタコメーターの上部が取れてしまって
いますね。。。
オーナー様曰くパッキンを外したら亀裂が入っていた
らしいです。
これですとメーターリムを外すことができないのですが
メーター自体は取り出すことができるのでまぁ問題は
ないということになりますかね?
そしてスピードメーターが大変なことになっていますね。
こうなっていると中身も何となく想像がつくのですが
一応確認してみましょう。
<メーター内部修理前>
IMG_3042.JPG
IMG_3049.JPG
まぁそうなりますよね。
しかしこの状況は想像を超えてきます。。。
1枚目の画像はタコメーターと比較していますが
酷い状況がわかりますよね。
一応タコメーターも修理が必要なメーターなのですが。。
2枚目の画像はスピードメーターをアップにした画像
なのですがここではシャフトと奥にある横ギアが歯車
のように回ってもらわなければならないのですがシャフト
の刻みがなくなってしまいそれどころではないというのが
わかりますよね。
んーー。。ここまでくると修理ではすまなくなってきしまいます。
内部全とっかえですね!
モビーディックにある同系統のメーターを精査しきちんと
動くようにオーバーホールした後に交換させていただきました。
そしてこちらが内部の出来上がったメーターになります。
<内部修理後>
IMG_3050.JPG
これならきっちり動きそうな感じがしますよね!
画像にある通り、タコメーターもきっちり修理させていただいております。
ここからもとの部品と組み合わせ、文字盤を綺麗にさせていただきました。
その出来上がったメーターがこちらです。
<修理後>
IMG_3051.JPG
見違えるほどきれいに出来上がりましたね!
これなら何の問題もなくメーターは動いてくれます。
しかし大変な状況でしたね。。。
なるべくこうなってしまう前に修理をお願いしたいものです!
今回は直せましたが部品がないと修理不可もありますからね。。。
なにかメーターで困ったらすぐにお問い合わせください!
なんでもご相談に乗らせていただきます。
それではまた。。。
posted by mobydick at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183110424

この記事へのトラックバック