メーター修理・加工のモビーディック

2018年05月27日

カワサキZ1R レストア

こんにちは。
最近、アメリカンフットボールの日本大学と関西大学
の定期戦で起きた悪質なタックルが問題となっていますね。
もちろんその行為自体も問題になっていますがその後の
対応も話題を集めていますね。
ニュースを見ていると謝罪の態度等でタックルをした張本人
より大学側や監督、コーチの方が注目を集めている感じですよね。
まぁニュースを見ると仕方ない気がしまうすが。。。
そして本人、監督、コーチ以外にもまた注目を集めているのが
日大側が会見を行ったときの司会者ですね。
質問がまだあるなか勝手に切り上げたり中々凄かったですよね。
こういった良く無いことが積み重なって日大自体の評価が
下がっていると思われます。
なにより可哀想なのが学生ですよね。。。
どうにか守ってあげてほしいものです。

さて本日のメーターのお題は、
カワサキZ1Rのメーターレストアです。
このメーターは形はZ1Z2と同じような形をしています。
少し前はよくご依頼を受けていましたが最近はあまりなかったので
久しぶりになりますね。
Z1Z2はトリップのリセットノブがメーターの後ろについて
いますがこのZ1Rは前、そうガラスを貫通してついています。
まぁここまで言うとどうなっているか想像がつくと思いますが
レストア前の画像を見てみましょう。
<レストア前>
カワサキZ1R レストア前.JPG
ものの見事に割れていますね。
これですと走行しても見えにくいしガラスが飛んできそうで危険です。
しかしガラスになると同じ円に切ることはできても
穴を開けるのができません。。
上手くやればできるのかもしれませんがモビーディックで
何度かチャレンジしたときはすべて割れてしまったので
それ以降はガラスではチャレンジしたことはありません。
そこで透明のアクリル板を使用します。
これなら穴を開けても割れることはありませんからね。
というわけで出来上がったメーターがこちらです。
<レストア後>
カワサキZ1R レストア後.JPG
綺麗になりましたね。
スピードメーター以外もきれいにレストアされ
いい感じのメーターになりました。
これでもっともっと走ることができます。
もうすぐ梅雨ですがなる前に走るか明けてから走るか
悩み時ですよね。
それではまた。。。
posted by mobydick at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183335333

この記事へのトラックバック