メーター修理・加工のモビーディック

2018年09月15日

カワサキマッハ500SS メーター修理カスタム

こんにちは。
9月ももう15日となりあっという間に半分ですね。。。
先日9月になったばっかりと思っていましたが
気づいたら半分です。
というか少し前はまだお正月だった気がします。。
本当に早いですよね。
そして今日から3連休ですね!来週も3連休
でなんだかうれしくなりますね。
シルバーウイークとか前は言っていましたが
今年は見事に休日と被ってしまい残念ですね。
モビーディックは休まず営業しているのでよかったら
顔出してあげてください。

さて本日のメーターのお題は、
カワサキマッハ500SSのメーター修理とカスタムです。
マッハって名前だけでなんとなくとても速い気が
しますよね。
もちろんスピードはとても速いみたいですよ!
説明をみると乗り手を選ぶバイクみたいですね。
乗るには難しいけど乗りこなしたらかっこいいですよね。
そんなマッハ500SSのメーターをカスタムさせていただきました。
順番としてはいつも通り修理⇒カスタムですね。
流石にだいぶ前のバイクなのでメーターもガタがきている
はずですからね。
ではではそんなマッハ500SSの修理カスタム前の画像を見てみましょう。
<修理カスタム前>
カワサキマッハ500SS カスタム前.JPG
結構な劣化具合ですよね。
メーターまでもが乗り手を選んでしまうのかと思いました。。
まずはメーターの修理が必要ですね。
とりあえず針がおかしな位置で止まっているのでそこの修理です。
もちろん針を0点に戻して終わりってわけではないですよ。
この位置にあるっていることは中身はとても残念な結果に
なっているはずですからね。
開けてみたらひげゼンマイがぐしゃぐしゃでした。
その原因はシャフトが歪んでメーターカップに当たってしまい
針が一回転してという悲しいものでした。。
ということは中身は全損ということになりますね!
同じ部品をモビーディックで探し正常に動くことを確認し
修理は完了しました。
後はカスタムになりますね。
カスタムはマイルなのでキロに変更になります。
140マイルはキロに変換すると224キロなので作成すると
220キロフルスケールのものを作成します。
フルスケール140までだったものを220まで増やすのは
元のままだと厳しいので目盛を増やして作成します。
見た目だけだとそれで完了なのですが増やしたぶん速度の
調整をしなければならないのでここはまた大変です。
ひげゼンマイやシャフトの磁力などを調整するのです。
修理、文字盤のカスタム、速度の調整、等々を施して
出来上がったメーターがこちらです。
<修理、カスタム後>
カワサキマッハ500SS カスタム後.JPG
どうでしょうか?
見た目がきれいになりましたよね。
ちゃっかりタコメーターのレッドゾーンも再塗装しております。
今日は色々細かいところまで説明させていただきました!
モビーディックの仕事はこんなものだと知っていただいたら
幸いです。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184428710

この記事へのトラックバック