メーター修理・加工のモビーディック

2019年02月10日

カワサキ エリミネーター メーター修理レストア

こんにちは。
先日本格的に雪が降りましたね。
普通に振っていましたが積りは
しなかったので大丈夫でしたが
寒くて仕方がなかったですよね。。
三連休すべて雪だったら残念でしたが
本日は無事晴れてよかったですよね!

さて本日のメーターのお題は、
カワサキ エリミネーターの
メーター修理レストアになります。
カワサキ エリミネーターは初代が
1985年に発表されたバイクですね。
シリーズ第1弾はGPZ900Rのエンジンを
使用した輸出向け車両であり、排気量は
900ccである。
なお当時の自主規制では最大排気量が750cc
までだったため、同年に国内モデルのELIMINATOR750
を発売した。
エンジンは当時世界最速マシンだったGPz900Rを元に、
駆動方式をチェーンからシャフトドライブに変更し、
低中速重視のセッティングとしたもの。発進加速はドラッグマシンらしく、
元となったGPz900Rを上回る性能を見せた。
とインターネットに記載されております。
排気量900tにも関わらず当時の自主規制が750tだった
のでELIMINATOR750になったのですかね?
ELIMINATOR900でもよさそうですよね。。
そんなエリミネーターのメータ−を修理
レストアさせていただきました。
ではレストア前を見てみましょう。
<レストア前>
カワサキエリミネーター 前.JPG
一目でタコメーターがダメなのがわかりますね。
機能的にはスピードメーター側が修理必要でタコメーター
は問題なかったそうです。
ということで今回のご依頼内容がこちらです。
@スピードメーター内部修理
Aタコメーターレンズ清掃
Bスピードメーターの青文字の部分をもう少し明るくする
Cタコメーターの文字盤レストア
以上4点になります。
Bの青文字は確かに少し暗いと言われればそうですね。
しかもこの文字は透過しないので夜光らなければ
日中も普通に見えそうもありませんよね。
ご要望通りモビーディックは明るく見えるように作成
させていただきました。
出来上がりがこちらになります。
<レストア後>
カワサキエリミネーター 後.JPG
どうでしょうか?
タコメーターはバッチリ見えますし、スピードメーターの
青文字もとても見えやすくなっていませんか?
実はこの青文字何度もやり直して作成させていただきました。
作って張り付けてみてはあまり変わらない?など繰り返して
これは明るすぎじゃないかな?って思ったものが丁度よかった
という中々ビックリな色合いで落ち着きました。
色の作成は文字盤に張り付けてみて初めてきちんとした
色合いが判るんだなとしりました。
とても勉強になったメーターのご依頼でした。
それではまた。。。
posted by mobydick at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185532783

この記事へのトラックバック