メーター修理・加工のモビーディック

2019年04月28日

ホンダCB450K0 メーター修理

こんにちは。
平成も残り3日となりましたね。
平成最後のゴールデンウィークとなり
令和最初のゴールデンウィークとなりますね。
このゴールデンウィークは天気が安定しないようですが
皆様いかがお過ごしになるのでしょうか?
最初と最後のゴールデンウィークをお楽しみください!

さて本日のメーターのお題は、
ホンダCB450K0のメーター修理です。
今回は修理前と修理後の画像ではなく内部を
どのように修理するのかをご覧頂こうと思っております。
とりあえず修理内容は異音、針ブレといつもの物になります。
では修理前の状況を見てみましょう。
<修理前>
image1.jpeg
修理前をみなければ始まりませんものね。。
見た目は年式が年式なだけあり色褪せたりはしていますが
中々綺麗なメーターですよね。
しかしこの見た目に騙されてはいけません。
しっかりと故障しておりました。
ではバラバラにした画像を見てみましょう。
<メーター内部解体後>
image1.jpeg
バラバラになりましたね。
メーターってここまでバラバラにすることができます。
しかし皆様はやってはいけませんよ。
元通りにならなくなります。。。
まぁバラバラにすることができないと思いますが。
この画像に今回の異音、針ブレの原因が写っております。
画像の左側の棒状のものがあると思います。
あれがモビーディックでよくいうメーターシャフトになります。
左側のシャフトはタコメーターの物になるのですが
右側にあるシャフト(こちらはスピードメーターの物)と
見比べてみるとどう見ても黒いですよね。
アップで見てみましょう。
<シャフト黒ずみ有>
image2.jpeg
黒いですね。
ここが錆びていたり油が固着していると異音、針ブレ
が発生いたします。
右側のスピードメーターのシャフトは綺麗なのですが
他のところがガタついていたのでスピードメーターの
異音、針ブレはそこが原因でしたが割愛させていただきます。
ということはここの黒ずみを落とせば異音、針ブレが
なくなるということになります。
もちろん主な原因なだけであって他のところもグリスアップは
必要になるのでご注意ください。
というわけで黒ずみをヤスリで削ってみましょう。
<シャフト黒ずみ無>
image3.jpeg
黒ずみが消えましたね。
しかしこれではまだ駄目です。
ヤスリで削ってしまったので質感が粗くなってしまっています。
そうです!ここの部分はツルツルが好ましいのです。
ですのでヤスリの後は磨いて磨いてツルツルにします。
その出来上がりがこちらになります。
<シャフト研磨後>
image4.jpeg
綺麗になりましたね。
右のシャフトと比べても遜色がありません。
これなら異音、針ブレは発生いたしません。
これで安心して乗り続けられます。
モビーディックではメーターの修理は基本このように
やっております。
なにか気になることがございましたらいつでもお声掛けください。
それではまた。。。
posted by mobydick at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185922813

この記事へのトラックバック