メーター修理・加工のモビーディック

2012年07月07日

AE86メーター加工

こんにちは。
梅雨のシーズンもあと少し。
じめじめした雨の日が終わりを告げると
暑い暑い夏がやってきます。
今年の夏も去年と変わらず節電ですね。
皆さんあまり無理をしないように!
節電も大事ですが自分の体が第一ですから。

さて本日は、
1983年デビューのAE86のメーター加工を紹介します。
この車はカローラレビン・スプリンタートレノの名前で
販売されました。
当時も人気がありそこそこ売れていましたが、
そのあと「頭文字D」の漫画の主人公が乗っていたことで爆発的に人気がでました。
絶版から20年以上たった今でも
程度の良いものは新車と変わらない価格で取引されています。
そこで、今回依頼されたメーターがこれです。
<加工前>
CIMG7239_2.JPG

約30年の時を経ても今でも正常に作動していました。
もちろん、せっかくメーターをカスタムするのですから、
オーバーホールもきちんと施しました。
依頼内容は
・スピードメーター180キロ ⇒ 220キロのフルスケール
・タコメーター8000回転 ⇒ 9500回転にスケールアップ
です。

<加工後>
CIMG7253_2.JPG
写真を撮るのにメーターのレンズが反射してしまい、
上手く撮れなかったのでレンズを外した状態で撮りました。
どうです、スポーツカーらしくなりましたよね?
AE86のオーナーの皆さん、
あなたの愛車もメーターカスタムで楽しんでみましょう!

他にもメーターのことで何か解らないことがあったら
なんでもモビーディックにご相談ください。
それではまた・・・
posted by mobydick at 10:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56913345

この記事へのトラックバック