メーター修理・加工のモビーディック

2013年11月09日

旧車 時計修理

こんにちは
最近、世の中変な疑惑騒動であふれています。
今度は楽天さんですか…
せっかくの日本一の喜びに水を差すようなことになってしまいましたが、
◇シュークリーム、10個で12,000円
◇アイフォーン、 433,915円
…うーん!
言葉に詰まります。
いつも思いますが、
まじめに御商売している方にも迷惑な話ですよね。
早いとこ解決してもらいたいものです。

さて本日のお題は時計の修理です。
時計の修理と言ってもピンとこない方がいらっしゃると思いますが、
最近の時計ではなく数十年も前のアナログ時計や、
初期のデジタル時計の事です。
最近、旧車ブームで、
何十年も眠っていた車をレストアして復活させるということですが、
時計というものは何十年も作動していないと
いきなり電源を入れても動いてくれません

<510アナログ時計>
CIMG8431_2.jpg
たとえばこの時計はブルーバード510のものですが、
電源を入れてもピクリとも反応しませんでした。
それを修理して元通り作動するのには大変な作業を要します。
たとえるならロレックスの時計のオーバーホールです
ちょっと大げさですかね(笑)

<時計内機>
CIMG8424_2.jpg
この画像の様な、様々な部品をすべて分解して洗い、
油をさして一つ一つ元通りに組み上げます。
そのあと電源を入れ作動確認をしますが、
それで終わりではありません。
時間合わせをしなければなりません。
一日どれだけの誤差があるかを調整して、やっと納品となるのです。
ですから動くようになったからといっても作業が終わったわけではないのです。
時計を合わせる作業は最低でも3日ぐらい掛かります。
それほど繊細なものなのです。


<ジェミニデジタル時計>
CIMG8429_2.jpg
これはジェミニのデジタル時計ですが、
初めはまるで表示しませんでした。

<時計内部>
CIMG8426_2.jpg
この当時のデジタルものは故障が頻繁に起きていました。
先ほどのアナログ時計と違い、
修理が終われば時間を調整する事はありません。

まぁなにしろお年寄りの時計たちは、
たまにオーバーホールをしてあげなければ機嫌を損ねますからね。
もしあなたの大切にしている車の時計が動かないときは、
モビーディックまでお持ち下さい。
お役に立てると思います。
それではまた・・・
posted by mobydick at 10:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
先日、自身の旧車に時計を取り付けましたが、40年以上も前のものということで、ピクリとも動きませんでした。現在途方に暮れているところです。確かに、こんなにも繊細なものが電源さしただけで動くわけありませんよね。さてどうしたものか...
Posted by ゆで卵 at 2016年06月27日 21:10
時計の件ですが症状を確認してみなければわかりませんのでよろしければ一度送ってみてください。
Posted by モビーディック at 2016年07月02日 15:31
1970式ボルボ1800eに装備のスミス製アナログ時計が1年前から動かない状態になっています、時間のズレを直す為のネジをかまっている時からだと思います、修理可能か、修理代金はいくら程度でしょうかお教え下さい。
Posted by 百瀬佳行 at 2020年04月05日 17:39
百瀬様
コメントありがとうございます。
スミス製のアナログ時計ですが修理ですので現物を見てからの判断になります。
またアナログ時計になるので直ったとしても一日に数秒ずれてしまう可能性がございます。
金額は直るとすれば40000円〜50000円ほどになると思います。
Posted by モビーディック at 2020年05月16日 10:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/80259468

この記事へのトラックバック