メーター修理・加工のモビーディック

2018年11月17日

ランボルギーニ ウラッコ メーターカスタム

こんにちは。
最近少し冷え込んできましたね。
しかし11月にしてはそんな寒くない気がします
がこんなものでしたっけ?
まだ暖房はつけていないので我慢できる寒さな
気がします。
12月の終わりなどは本当に寒かった記憶がありますね。
12月は色んなイベントがあるのでワクワクしますよね。
クリスマスプレゼントなどはもう売り切れているところ
があったりするらしいですよ。
世の中のお父さん頑張ってください。。
私も頑張ります。。。

さて本日のメーターのお題は、
ランボルギーニ ウラッコのメーターカスタムです。
ランボルギーニと言えばあのロゴ!
そう牛のロゴですよね。
フェラーリは馬で、ランボルギーニは牛です!
どちらもかっこいいですよね。
このウラッコはポルシェ・911の市場に狙いを定めて開発され
販売された車です。
以前はフェラーリがライバルとしていましたがこの当時は
ポルシェが開拓した2+2クーペの市場に切り込もうとしたのが
始まりのようです。
1970年に行われたトリノ・オートショーで発表され大変評判がよく、
多くの受注がったそうですね。
1972年に生産が始まり、1973年にようやく販売開始となりました。
ウラッコとは「小さな小さな牡牛」という意味らしいですよ。
そしてその名の通り車体も少し小さめということで
「ベビーランボルギーニ」「スモール・ランボ」
とも言われていたみたいですね。
そんなウラッコのメーターをモビーディックは
カスタムしてしまいました。
先程書かさせていただいた通り1972年に発売なので
もちろんメーターは多いです。
昔の車のメーターは本当に多いですよねー。
そこがいいところですけどね。
というわけでウラッコのカスタム前を見てみましょう。
<カスタム前>
ランボルギーニ  ウラッコ前.JPG
やはりたくさんありますね。
そして純正はいつも通り黒字に白ですね!
年式が年式のためメインのスピードメーター、タコメーターが
なんとなくボヤーっとした感じに見えますよね。
ガラスも曇っているのもあるのでしょうか?
せっかくの高級車なのでピカピカにしたいですよね。
ピカピカにするのと同時にカスタムをさせていただきます。
カスタム内容はホワイトメーター化ということです。
ではカスタム後を見てみましょう。
<カスタム後>
ランボルギーニ  ウラッコ後.JPG
印象が本当にガラッと変わりますよね。
反転コピーしたみたいに見えます。
ランボルギーニのロゴはホワイトメーターの時のほうが
良く見えるので私的にはこっちのほうが好きですね!
文字盤はもちろんですが全体的に綺麗になって気持ちがいいですよね。
1970年代の車がまた復活しましたね。
眠っている車、バイクがございましたらメーターの復活は
是非モビーディックにお任せください。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月10日

ベントレー メーターカスタム

こんにちは。
少し前ですがハロウィンの仮装で渋谷が
大変なことになっていましたね。
1週間以上前のことですが中々の騒動でしたね。
ここ数年で日本でもハロウィンが浸透し
賑わいを見せていますが段々と収集が付かなく
なるくらいに大変なことになってきていますよね。
楽しく仮装するのはいいのですがやりすぎには
やはり注意が必要ですよね。
来年はどうなるのでしょうか?

さて本日のメーターのお題は、
ベントレーのメーターカスタムです。
ベントレーはイギリスの高級車ですよね。
ロールスロイスの傘下についていたりフォルクスワーゲン
の傘下についていたりとしていますが王室専用車に
なったりなど高級感は薄れさせない感じがすごいですよね。
日本では6車種を展開していてどれも2000万円を超える価格が
設定されているようですよ。
そんなベントレーのメーターをカスタムさせていただきました。
カスタム前がこちらです。
<カスタム前>
ベントレー 前.JPG
重厚感があるメーターですよね。
ベントレーはそういうイメージがあります。
カスタム前ももちろんいいですがやはりこのような
車に乗っていると他の人と被りたくないという気持ち
が出てきてしまいます!
そんなときはモビーディックにご相談していただければ
ご自分だけのメーターを作成することができるのです!
というわけで世界に一つだけのメーターを作成させて
いただきました。
<カスタム後>
ベントレー 後.JPG
どうなるのでしょうか?
どことなくイギリス感が出ていませんか?
どの辺が?と聞かれるとお答えはできませんがなんとなく
紳士的なメーターに仕上がった気がします。
英国紳士な感じです!
これなら他の人と被る心配はないですよね!
唯一無二のメーターになりました。
皆様もご自分だけの唯一無二のメーターを作成してみませんか?
それではまた。。。
posted by mobydick at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月04日

フェアレディZ30 タコメーター カスタム

こんにちは。
気が付けば11月に突入していましたね。。
少し前まで10月でしたが暑い日があったので
なんだか調子が狂いますよね。
北海道でもまだ初雪はないそうですよ。
11月4日時点でまだ初雪が道内でないということは
1990年以来28年ぶりらしいです。
東京は今季は降りますかね?

さて本日のメーターのお題は、
フェアレディZ30のタコメーターカスタムです。
Z30といえばご存知の通り名車ですよね。
当時から人気なのでいいですよね。
スポーツカーはなんだか憧れます。
そんなZ30のタコメーターをカスタムさせていただきます。
カスタム前がこちらです。
<カスタム前>
フェアレディZ30 前.JPG
定番の形ですよね。
メーターを見てすぐに車がわかるようになってきている
のでなんだかおかしくなりますよね。
このメーターのフルスケールを変更しフォントも変更
させていただきます。
フルスケールアップはよくありますがフォントを変える
のは中々レア感がありますよね。
ではカスタム後を見てみましょう。
<カスタム後>
フェアレディZ30 後.JPG
見事に変わりましたね。
これだとメーターを見ただけだとなんの車かわからない
かと思いそうですがなんとなく雰囲気でわかっちゃいますね。
皆様もご自分のご希望のメーターにカスタムしてみませんか?
それではまた。。
posted by mobydick at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月27日

デイトナ メーター カスタム

こんにちは。
ネットのニュースなどをみると
もう紅白のニュースがでていたりしますね。。
それもそのはず、、、
もうすぐ10月が終わってしまいます。
もう10月が終わってしまうのか!?
今年の後の月は11、12しかありませんよ。。
ちょっと早すぎませんか?
どこかに時間泥棒がいますねこれは。。
皆様は今年やり残したことはありませんか?
あと少ししかありませんよ。
しかも平成も終わってしまうという、、大事件ですね!
いい気持ちで年越しをするために頑張っていきましょう。

さて本日のメーターのお題は、
デイトナのメーターカスタムです。
デイトナの由来はアメリカ・フロリダ州、
デイトナビーチにて毎年3月開催される
「デイトナバイクウィーク」を由来とするようでしたが
皆様知っていましたか?
私はメーター屋なのにも関わらず残念ながら知りませんでした。
もっと知識をつけなければ。。
そんなデイトナのメーターをカスタムさせていただきました。
カスタム前はこちらです。
<カスタム前>
デイトナ 前.JPG
いいですね!
今時な感じがします。
いい感じですがこのメーターはもっとよくなってしまいますよ!
このメーターをオーナー様はアバルト仕様にして欲しいという
ことでご希望に応えさせていただきました。
まずはアバルト仕様ということなのでどんな感じにするのか
見てみましょう。
見本としてアバルトのメーターを同梱していただいてました。
<見本アバルトメーター>
デイトナ 参考画像.JPG
これを見本ということはもちろん目盛、数字はオレンジですよね。
そして針もオレンジと。。
これだけでカスタム前のメーターとは全く違うものになりそうですよね。
そしてこちらがオーナー様のご希望になります。
@数字、目盛をアバルトと同じオレンジ、自体に変更
A針もアバルトと同じオレンジに変更
BアバルトのロゴをDAYTONAと交換
C内側に目盛、外側に数字ではなく内側に数字、外側に目盛に変更
D真ん中の円の削除
と上記5点になります。
結構な変更がありますね。
すべて変更したら別物になりそうですね。
では上記5点を変更したDAYTONAのメーターを見てみましょう。
<カスタム後>
デイトナ 後.JPG
やはりガラッと印象が変わりましたね。
カスタム前と比べると別物です。
針もオレンジになりもちろん透過します。
アバルト仕様になったDAYTONAはどうでしょうか?
それではまた。。。
posted by mobydick at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月20日

ヤマハYDS-3 メーター レストア

こんにちは
私事になるのですが最近キックボクシング
を始めました!
仕事終わりにストレスが発散出来てとても
気持ちがいいですよ。
ストレス発散もありますが仕事上ずっと座り
仕事なので体が錆びついてきてしまったという
のもあります。
休みの日に体を動かせばいいのですが中々
布団からでることができませんから仕事
終わりというのはとてもいいかもしれません!
皆様はなにか運動していますか?

さて本日のメーターのお題は、
ヤマハYDS-3のメーターレストアです。
このメーターは雑誌【MC CLASSIC 10月号】に掲載する
時ようにレストアしたメーターになります。
何度も足を運んでいただき撮影していただきました。
雑誌にも記載されていますがこの車自体は30数年間
瀬戸内の潮風にさらされていたようですので中々の
汚れが目立ちます。
ではそんなメーターを見てみましょう。
<レストア前>
ヤマハ  YDS-3 前.JPG
錆びもありますし針も折れてしまっていますし中々
の劣化具合ですよね。
こんな感じになってしまっているので文字盤、針、内部
、メーターリング、とすべての修理、レストアが必要に
なります。
今回はその中の文字盤のレストアを記事にしたいと思います。
文字盤をレストアするには先ずは現状の文字盤をすべて
紙やすりで落とさなければなりません。
すべてごしごし落とすために粗いものを使用し塗料が落ちたら
粗くないものに変えて研磨していきます。
粗いものでやってしまうと細かい傷ができてしまうので
それを落とすために少しずつきめ細かいものに変更していくと
いうことですね。
すべて落としたものがこちらになります。
<文字盤研磨後>
ヤマハ1.JPG
塗料もすべて落ちてまっさらな状態になりましたね。
この上に再度スプレーで再塗装していきます。
鉄板の文字盤だとスプレーでいいのですが透過式だとシルク印刷
になります。
今回は鉄板なのでスプレーでの塗装ですね。
塗装後がこちらです。
<文字盤塗装後>
ヤマハ2.JPG
真っ黒で傷等が判らないですよね。
ここで研磨した文字盤が粗いままで終わっていると
黒に塗装したところに傷がたくさんできてしまいます。
綺麗に塗装するには傷をなくしていく作業が重要です。
そしてこの上に目盛、数字、ロゴをレタリングでペタペタ
と貼っていきます。
貼り終わったものがこちらです。
<文字盤目盛数字入り>
ヤマハ3.JPG
一気にメーターの文字盤らしくなりましたね。
後はモビーディックにある警告灯のレンズを交換して完了です。
色んなものがありますよね。
出来上がりがこちらです。
<文字盤完成後>
ヤマハ YDS-3後.JPG
レンズも入り文字盤が完成しましたね。
瀬戸内の潮風にさらされてもモビーディックがいれば再生は
可能です!
雑誌には針の塗装や、リングの塗装なども詳しく書かれています
のでよかったら見てみてください。
それではまた。。。
posted by mobydick at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記